暇つぶしのおとも

音楽、アクティビティ、旅行などの記事を徒然なるままに書いていきます

「有料音楽アプリって迷っちゃう!」そんな方必見!これであなたも迷わない!

f:id:uto2525:20181125222736j:plain

中々更新することができずすみません、、、

 

今回は久しぶりの更新!!

てことで今回のテーマは「音楽アプリ」について書いていこうと思います!

有料の音楽アプリを始めたい!

でも、種類がありすぎてどれが良いか分からない、、

という方も多いはず!

そんな人に向けて書きたいと思います。

 

今日までにApple Music」「Spotify

AWA「LINE MUSIC」などがあります。

 

自分も有料会員になる際にすごく迷っていたのを思い出します。

折角お金を払うんだから失敗はしたくないですよね!

 

 

そこで迷っている方の為に少しでも参考になればと思い、

各「音楽アプリ」の特徴、優位性をまとめていきたいと思います。

 

Apple Music」

3か月の試用期間が設けられているので長期間無料で体験できる。

・4500万曲以上

・個人プラン月額980円

・利用者数5000万人

・邦楽、洋楽共にバランスが良い

apple製品を多数持ち合わせている方

・音質最大256kbps

・「For You」機能あり

※「For You」は、ユーザーのプレイリストやダウンロードした曲を分析して
ユーザー好みの曲をApple Musicがおすすめしてくれる機能
→知らなかったアーティストの発見に繋がる為、音楽の幅が広がる。

 

Spotify

・有料登録しなくても「無料で楽しめる」

・4000万曲以上

・個人プラン有料980円/FREE 0円

・利用者数FREE7000万人/FREE1憶1000万人

Google HOME」に連携して音楽を楽しみたい方

・洋楽をとにかく楽しみたい方におすすめ

→海外発信アプリという事もあり邦楽が限られる。

しかし(UVER、ワンオク、アレキサンドロス、suchmos、etc)の楽曲あり

※これから多くの日本人アーティスト参入が予想される。

・音質最大320kbps

・Discover Weekly機能

※毎週月曜日に配信されるプレイリスト

→月~日曜日のユーザーの音楽の嗜好を分析し

蓄積した音楽性を解析し、ユーザー向けに音楽のプレイリストを作成し配信される。

 

「LINE MUSIC」

 

・ 個人プラン月額980円

・約2000万曲以上

・音質最大320kbps

・LINEのアカウントにBGM設定できる

・端末の容量が使われない分、データ通信量を消費してしまう

 

AWA

・他のユーザーが作ったプレイリストを共有できる

・個人のプレイリストを公開可能

・個人プラン月額960円

・約3000万曲以上

・音質最大320kbps

 

 

 

以上、紹介をしてきましたがこれから有料の音楽アプリを

決める際は、迷っているアプリの体験をしてみると良いかもしれません。

選ぶ基準で重要なのがやはり、自分が良く聞くジャンル、アーティスト

、シチュエーションを軸にすることが大事です!

 

Spotifyに登録して聞きたい邦楽アーティストがいない!

Apple Musicに登録して洋楽が物足りない!

てなったら本末転倒ですよね!

ですのでそういうことが無いように気を付けましょう!

 

どの有料音楽アプリに登録したとしても

必ずいえることはあなたの通勤、通学、生活を

より彩ある楽しいものにしてくれるのは間違いないでしょう!

 

 

暇つぶしのおとも

 

 

 

「2019年ブレイク必至のバンド10選 後編」!!

f:id:uto2525:20181121223449j:plain

本日は「2019年ブレイク必至のバンド10選 後編」!!

 

皆さんの反響もあり本日も頑張って更新してまいります!

昨日のブログを読んでいただいた方から多数のお声があり、

皆さんそれぞれに好きなバンドがあって良いな~と思いました!

 

もっともっと多くの人に届かせるためには力は小さいですが

いつか影響力を持った発信者となれるように日々頑張って行きますので

応援していただけますと幸いです!

 

では早速後編に行きましょう!!!!

 

6・iri(イリ)

・超実力派の女性シンガーソングライター

・神奈川県逗子出身、1994年生まれ

・「Sony Music」が開催したオーディション「JAM」でグランプリを獲得。

・2016年10月26日にメジャーデビューアルバム『Groove it』をリリース

iTunes Store にてトップ 10 入り、ヒップホップ / ラップチャートでは 1 位を獲得。

・HIP HOP ソウル ラップ シティーミュージックの多角面の楽曲多数

・なんといっても独特な歌声で虜になってしまう。

・夜のドライブ、チルアウトしたいときに聞きたいシンガーだ

 

iri おススメの一曲!「Only One」

urx2.nu

 

7・teto(テト)

・2016年ボーカルの小池貞利を中心に結成

・2018年3月、ファーストシングル「忘れた」を発売。

・今夏、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」や「RUSH BALL 2018」をはじめ、全国の大型野外イベントに多数出演

・コーラスがとにかく曲にハマっていて気持ちい!

・なんとも懐かしくも、聞いたことのないような不思議な感覚で引き込まれる。

 

LIVEで聞いたらあなたも一緒に歌いたくなるに間違いなし!

 

teto おススメの一曲! 「拝啓」

urx2.nu

 

8・hakubi(ハクビ)

・女性ボーカルの3ピースバンド

Vo./Gt. 片桐
Ba. アルヤスカワ 
Dr. マツイユウキ

・一見声は女性らしいのだが、飾り気がなくストレートな歌詞を歌うのが特徴的

・最近はyonige、hump back SHISHAMOといったバンドが

目立つが、引けを取らない唯一のバンドではないだろうか。

・これから売れていく若さ故の魅力が感じられます。

Vo./Gt. 片桐はYoutube/ツイッターなどで様々なアーティストを弾き語りカバー

しているので気になった方はチェック!

 

個人的に今年の春にはまってからギターのコピーばっかりしてました(笑)

 

Hakubi おススメの一曲 「夢の続き」

urx2.nu

 

 

9・FOMARE(フォマレ)

群馬県高崎市で結成された3人組バンド

・2017年6月には、yonige (現unBORDE) や と同じレーベルの
「small indies table」に所属し、初の全国流通盤シングルを発売

・2015年11月FMGUNMA主催ROCKERS2015にて準グランプリを獲得。

・若い層から絶大の支持を得ており、ファッション、MVもおしゃれ

・Bass vocal アマダシンスケの色気がすごい

・3ピースとは思えないほどの重厚感ある楽曲多数!

 

FOMARE おススメの一曲!「君の涙が乾く頃」

urx2.nu

 

10・SHE'S(シーズ)

・Vo.井上竜馬、Gt.服部栞汰、Dr.木村雅人、Ba.広瀬臣吾

からなる4人組バンド

・メンバー全員大阪出身の次世代ピアノロックバンド。

・透き通ったクリーンな楽曲が多くキャッチー

・2012年「閃光ライオット」ファイナリスト

・2016年6月にメジャーデビュー

・Vo.井上竜馬の声がまた高くて爽快感がすごい!

閃光ライオットのファイナリストだけあって超実力派!

これからたくさんの層に支持されそうだ。

 

SHE'S おススメの一曲!「歓びの陽」

urx2.nu

 

 

~紹介枠~

番外編!!!

本日ツイッターから(綾瀬さん @sadisticprison)から是非紹介してほしい

とのことでしたので紹介したいと思います!

 

番外編・UMEILO(ウメイロ)

・平均年齢18歳の札幌在住の4人組ギター・ロック・バンド

・シングル『高空』をTOWER RECORDS札幌ピヴォ店限定でリリースすることを発表

・まず甘いマスクのボーカル!最近の若いバンドは顔もかっこいい!

・歌詞の「君のいないところで 今日も謳っている」って歌詞が切なすぎる、、

・若いのにもかかわらず、バンドとしての音楽が確立している完成度!

・@Umeeeeiloがツイッターアカウントらしいので気になったらチェック!

 

インストアライブ
12月12日(日曜)18:00〜
タワーレコード札幌ピヴォ店(限定発売)

 

リリース情報
12月12日 シングルシングル 「高空」

収録曲
1. 高空
2. 7月

 

UMEILO おススメの一曲!「高空」

urx2.nu

 

以上!「2019年ブレイク必至のバンド10選 後編」でした!

前編、後編合わせて合計11組紹介してきましたが

皆さんが好きなバンド、好きになったバンドは

ありましたでしょうか?

 

紹介したバンドが一人でも多くの方に広まることを願っています。

まだまだ両手じゃ数えきれないほど紹介したいバンドがありすぎて

困ります、、(笑)

 

いつか自分のレーベルをもって、たくさんのバンドマンと全国回りたい

という夢からだいぶ遠回りしてますが、形は違えど今できる最善を尽くして

これからも夢を叶えられるように頑張りたいと思います。

 

 

是非、私の好きなバンドを紹介してほしい!

友達がしているバンドをもっと知ってもらいたい!

などありましたらメッセージお待ちしています!

その気持ちは自分も同じです!みんなが好きなバンドをもっと知ってほしい!

みんなが好きなバンドをもっと知りたい!

これからも頑張って行きます!!!!

 

 

暇つぶしのおとも

 

「2019年ブレイク必至のバンド10選 前編」!!

f:id:uto2525:20181120224258p:plain


本日は「2019年ブレイク必至のバンド10選 前編」!!

 

今年の平成最後、、なんて言葉をよく耳にしているのではないでしょうか?

終わりもあれば、始まりもある。

平成は終わってしまうが

新たな時代で輝くものも当然います。

貴方にとって平成はどうでしたか?

 

音楽を好きな人には様々な価値観が存在すると思っています。

私の場合、どの時代、場面を切り取ってみても

音楽を発信している人はヒーローのようなものでした。

 

皆さんはどうでしょうか?

 

今日は次の時代担うかもしれない

アーティストを紹介していきたいと思います。

 

 

1・SIX LOUNGE(シックスラウンジ)

大分県初のロックンロールバンド!

・平均年齢20歳!(自分よりも若いなんて、、)

・何がすごいってハスキートーンのヤマグチユウモリ(Gt./Vo)の

色気が半端ない!これで21歳かよ、、と思わせる、、

・音楽はTHE ロックン・ロール!という感じ

・泥臭いロックでありながら繊細かつ美しい、、

 

自分のおすすめの一曲はミニアルバム

夢うつつに収録されている「STARSHIP」!

STARSHIP MV~

http://urx.space/NIp4

ギターのカッティングが歯切れよくかっこいい、、

 

 

2・FIVE NEW OLD(ファイブニューオールド)

・2010年結成のバンド

・ロック調でありながらR&B、シティーポップなどの曲調も

色濃く反映されている。

・とにかくおしゃれでモダン風!!

・英歌詞が多いがこれまたポップな曲調なのでついつい踊りたくなる。

・本人たち曰く音楽にジャンルを問わないと公言している。

・グルーブ感を味わいたい!方におすすめ!

 

自分のおすすめの一曲は「By Your Side」!

~By Your Side MV~

http://urx.space/NIpe

 

3・reGretGirl(リグレットガール)

・大阪発の3ピースバンド

・とてもキャッチ―なメロディーで初めての方でも

すんなり聞けるおすすめのバンド!

・歌詞が切なく、女々しいところがまた良い◎

・影響を受けたバンドにクリープハイプMy hair is bad

の名前も挙がっている

・バンド名は振られた彼女を見返すためにつけたとか、、

 

自分のおすすめの一曲は代表曲となっている

ホワイトアウト」!なんとも切ない一曲である、、

ホワイトアウト MV~

http://urx.space/NIpf

 

4・MOROHA(モロハ)

・2008年に高校の同級生であるアフロ(MC)

UK(Gt.)で結成

・しゃべくり007の俳優・東出昌大がゲストの際に紹介される

・一言で表せるとしたら「リアル」

・特徴的なのがギター一本でアフロが魂の一曲をかますところだ

・シンプルなのだがそれが一つ一つの歌詞に集中させてくれる

・MCが熱すぎて聞いたころには新しい世界感!

・明るい未来を追いながらもそこには現実という分厚い壁があり

突きつけられた現実にもがき苦しみながらも打開していく歌詞が良い

 

自分のおすすめの一曲は「革命」!

~革命~

http://urx.space/NIpl

負けてたまるか!と思わせてくれる一曲!

 

5・ハルカミライ

・2012年に結成八王子出身の4人組バンド

・所属事務所はMy hair is badyonigeを輩出した

インスアポロ

・アグレッシブかつ大胆なロック調

・青春パンクで疾走感満載

・こぶしを突き上げたくなるような熱いLIVE

・質の高い演奏とCDにも劣らないサウンドを奏でます

 

自分のおすすめの一曲は「世界を終わらせて」!

~世界を終わらせて MV~

http://urx.space/NIpu

個人的にこのバンドは近々、

大化けするするのではないかと期待度が高いバンドです!

 

 

以上!「2019年ブレイク必至のバンド10選 前編」でした!

皆さんは聞いてみたいアーティストはいましたか?

少しでも聞いてみたいと思ってもらえると嬉しいです!

 

まだまだ紹介したいアーティストがたくさんいるので

随時更新していきたいと思います!

 

 

暇つぶしのおとも

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤバイTシャツ屋さん 「かわE」レビュー!!

f:id:uto2525:20181119223229j:plain

今日は、ヤバイTシャツ屋さんの12月19(水)発売の3rdフルアルバム「Tank-top Festival in JAPAN」に収録されている「かわE」についてレビュー!!

 

まず、ヤバイTシャツ屋さんって何者???

と知らない方のためにも少しでも知ってもらえるように

紹介していきます!

 

まずメンバー構成!

・こやまたくや(Vo./Gt.)

・1992年10月23日生まれ(26歳)

・大学は大阪芸術大学出身

・中学の先輩に岡崎体育がいた。(もうすでに面白い)(笑)

岡崎体育の「MUSIC VIDEO」の監督としてMV制作を手掛けた。

・「出れるのサマソニ企画」でSNSでみんなに呼びかけ見事出演(笑)

その後、ユニバーサルミュージックからメジャーデビュー!

 

・しばたありぼぼ(Vo./B.)

・1995年3月31日(24歳)

・0~5歳までアメリカで過ごし帰国子女

・こやまたくやと同じ大学の後輩にあたる。

ハロープロジェクトの熱狂的なファンと公言しており道重さゆみを崇拝

・大学時代にこやまに「ヤバイTシャツ屋さんというバンド名で活動したい!

曲名は決まっている。『猫飼いたい』と聞きその夢を叶えてあげたいと

バンドに加入(笑)」

 

もりもりと(Dr/Cho)

・1993年10月19日(25歳)

・上二人と同じ大学出身

・公式サイトで身長700mと紹介される。

・犬派

・ライブで勝手にLINE IDを発表されドラムの音で書き消そうとするも

音速には勝てず(笑)

 

軽くバンド構成について紹介してきたが

読んでいるだけでも笑ってしまいそう!

LIVEに何回かいった事があるがMCがとにかく面白い!

なんて小さい悩みに悩まされてたんだ?と思うくらい!

下手な病院行くよりもヤバイTシャツ屋さんのLIVE行ったほうが

悩みが解決するかも!?(笑)

 

~「かわE」MV~

http://u0u1.net/NGhB

それはさて置き、今回は「かわE」についてレビュー!

MVは先日公開されてどうやら制作監督はこやま本人!

「ハッピーウェディング前ソング」のMVチックな

フラッシュモブ?みたいなものかな?と個人的に勝手に思っている。

ついつい踊りたくなるし、体が揺れてしまう。

 

サビの「かわE超して かわF やんけ! 魅力あふれてこぼれるやんけ!」

「恥ずかC超えて 恥ずかD やんけ! 気持ちE超えて 気持ちF やんけ!」

「かわE超して かわF やんけ! 魅力あふれてこぼれるやんけ!」

「たのC超えて たのD やんけ! うれC超えて うれD やんかいな!」

なんともヤバイTシャツ屋さんらしい!

ふざけつつもちゃんと曲として成り立っていて、若かったころを思い出させて

くれるような!

MVを見ていてクスッとした人も多いのではないだろうか?

 

ヤバイTシャツ屋さんは新曲を出すたびに

もう音楽のカテゴリーに「ヤバイTシャツ屋さん」ってできそう!

と思わせるくらい勢いがすごい!

 

是非、一度もライブに行っていない方も行ってみると良いと思います!

音楽の可能性が無限大に感じます!(笑)

私自身、12月19(水)発売の3rdフルアルバム「Tank-top Festival in JAPAN」が

楽しみでしょうがない!

 

知らない人はチェックしてみるといいかも!

 

next.

「2019年ネクストブレーク必至!バンド10選」

 

 

暇つぶしのおとも

 

 

 

 

 

 

 

 

UVERworld New Single 「GOOD and EVIL/エデンへ」ディスクレビュー

f:id:uto2525:20181118212804j:plain

11月7日(水) New Single 「GOOD and EVIL/エデンへ」が発売された。

今回収録されている"GOOD and EVIL"は11月2日(金)に公開のマーベル最新作の「ヴェノム」の日本語吹き替え版主題歌にもなっている。

TAKUYA∞自身もマーベルのファンであることを公言していて、今回主題歌として決定したコメントで「今回決まったことはすごくうれしかった。」と言っている。

 

映画自体はスパイダーマンの敵である「ヴェノム」に焦点を当てて、

主人公が地球外生命体に寄生されヴェノムとして覚醒していく物語となっている。

 

TAKUYA∞はインタビューで「世界観をしっかりと引き立たせれるように、今まで以上に曲と向き合い、LIVEをしながら生まれた曲なので生きた音が入っています。」と答えている。

まさにインタビュー通り、悪の側面を持った主人公を連想させるような歌詞が本曲ではいくつも採用されている。

印象的な歌詞としては「僕を一人にした世界を追いかけることはない 善悪よりもずっとその命何に使うか明確にできたものだけが残る」

なんともダークな一面が垣間見えるが、悪は悪なりの考え、正義があると思わせる歌詞だ。

 

曲調はUVERworldらしさも残しつつ、ミクスチャーロックも織り交ぜているなんともLIVE映えしそうな激しい音楽となっている。

迫力感満載の「ヴェノム」にぴったりの音楽ではないだろうか。

 

「エデンへ」は「GOOD and EVIL」とは対照的にそこまでテンポは速くないのだが

歌詞が一つ一つ突き刺さる。

TAKUYA∞が思い描く理想郷にCREWを一人残さずに連れていく覚悟を歌にしたような

一曲である。

去年の年末LIVEで言っていたUVERworldは長い間血迷っていた時期があった もしかしたらそのUVERworldは貴方にとって好きじゃないUVERworldかもしれないけどいつかその人たちも迎えに行く」とMCで言っていたことをふと思い出した。

「連れていくよ そうパラダイス 君のすべてを」

聴いていて、UVERworldは毎回忘れていた大切な何かを思い出させてくれる。

 

以上、New Single 「GOOD and EVIL/エデンへ」を視聴して、UVERworldUVERworldである由縁が詰まったNew Singleであった。

彼らは今まさに、この両A面シングルを引っ提げて"UVERworld LIVE TOUR 2018"の真っただ中である。

全国のCREWでライブにいった事ある人、初めてライブに行く人も間違いなく魅了されるであろう。

必ず一人残らずエデンへと。

 

暇つぶしのおとも

 

 

 

 

My hair is bad 「hadaka e.p」 ディスクレビュー

f:id:uto2525:20181118001030j:plain

11月7日(水)いつも、会社に行く足取りは重いのにこの日だけは違った。

この日はMy hair is badの「mothers」以来三年ぶりとなる新譜「hadaka e.p」のリリース日だった。

早めに仕事を切り上げて渋谷のタワレコに向かった。

新譜のジャケット写真は相変わらずパンチのきいたものだった(笑)

新譜を手に持つや否やトータルで5曲収録ということもあり、いつも通りどんな曲なのか勝手に想像が膨らんでいく。

そしてご飯も食べずに、さっそく家に帰って聴いてみた。

 

1.次回予告

この曲はYoutubeでPVが公開されていたこともありすんなりと入ってきた。

「mothers」の復讐を一曲目に持ってきた時と同様にハイテンポの曲を持ってくるのと

裏腹に何か秋、冬のになると人肌恋しくなる季節にぴったりなものだった。

まったくもってMy hair is badは毎回情景を視聴者に思い浮かべやすい歌詞を並べてくる。これがまた刺さってしまうのだ。

「今起こる戦争 暴動と喧騒 それより週末は何しよう」「機械越し電波に話すほど僕らは今に頼っている」、なんて歌詞を思いつくあたり流石である。

テンポは速くはないのだが最後の歌詞の「僕らの続きはいつだって今日だ」を聞いたころには心が何か少しだけメラメラとなってしまっていた。

 

2.惜春

衝撃の一言に尽きる。

歌詞、テンポ何もかもが良い。

My hair is badそのものを凝縮して出来上がったかのような一曲に思えた。

友達、彼女、夢、自分にスポットを当てている。

少年から青年、大人になっていく段階の思い出を切り取って・どこか後悔している自分がいるんだけど、止まってくれない時間に対して必死にしがみついて生きていこうとする椎木さんの決心が垣間見える一曲に思えた。

 

3.微熱

曲調はライブ映えしそうである。ギターのコードは椎木さんのお得意のコードで

ベースラインがはっきり聞こえて爽快感がある。

どこか奥手でなかなか恋愛に発展しない主人公を連想させられた。

劣等感満載の「顔がいいとか、頭いいとか別にどっちでもいいけど

楽しかったとか 優しかったとかなんかムカつくな」

なんとも椎木さんらしい歌詞である(笑)

早くライブで聞いてみたい一曲になった。

 

4.天才っていいな

振れ幅がとにかくすごい!!

この曲を作れる当たりがMy hair is badらしい!

万人受けするような曲をあえて一曲は入れているところが支持される

1つの理由かもしれない。(もちろん万人受けしないというのも悪い意味ではない)

独特の世界観が開けて見えてくる。

棘がありなにかダークネスな不思議な感覚に陥る名作に感じた。

 

5.裸

とても聞いていて落ち着く。

最初の入りはしっとりしているのだがこれがまた進むにつれて

力強い一曲になっていく。

「恋愛」がテーマなのだが今までにここまで力強い曲はあっただろうか、、

また別だが初めて「戦争を知らない大人たち」を聴いたような感覚と似ていた。

 

 

以上、My hair is bad 「hadaka e.p」のディスクレビュー

まだ購入してない方でもまだ間に合う!

言えることはMy hair is badはこれからも裏切ることなく、自分たちのやりたい音楽をやって、これからもファンを魅了してくれることだろう。

My Hair is Badhadaka e.p.
【発売日】2018年11月7日(水)
【収録曲】全5曲

1.次回予告
2.惜春
3.微熱
4.天才っていいな
5.裸
【価格】
¥1,389+税

 

暇つぶしのおとも